システムの仕組みは?

Captive-Portal機能を持っています。

詳細を知りたい場合は【Captive-Portal】【キャプティブポータル】の単語をgoogle検索してください。

Captive-Portalは、すでにコンビニの無料Wi-Fiサービス、空港、駅、コーヒーチェーン店等の有料サービスで利用されているポピュラーな機能です。街なかでも簡単に体験できます。近隣で無料Wi-Fiを提供しているコンビニの前に行ってみてください。スマホのWi-Fi機能がOFFであればONにします。Wi-FiのSSIDリスト内に鍵マークの無いコンビニのSSIDがあるはずです。一般的に、Captive-PortalでサービスしているWi-FiのSSIDは鍵マークの付いていない電波表示となります。そのSSIDを選択して接続完了を待ちます。Wi-Fiに接続したらブラウザを起動し、どこかのサイトに接続してみてください。すると、そのどこかのサイトの画面ではなく、Wi-Fi利用開始の認証画面に強制移動されます。これが、Captive-Portalです。

通常は、この認証画面でメールアドレスなどの入力を要求されます。これは、不正利用を防止する仕組みですが、情報を提供するだけのことであれば、不要なステップです。
このシステムは、internetとの接続は想定していませんので、そのような認証画面は設けません。

このシステムはスマホからDNSへの名前解決要求への応答に、常に特定のipアドレスで返信しますので、結果としてこのシステムのWEBサーバーのコンテンツの表示だけとなります。

 
 

もし、このシステム利用中の画面を【お気に入り登録】した場合はどうなるでしょうか?
この場合、Wi-Fi圏外に出たり、圏内でも意図的にWi-Fiを終了すると、スマホは自動的に携帯無線網に接続します。
その状態で【お気に入り登録】の画面を呼び出す操作をすると、実際のinternet上のサイトに接続ができます。
また、このシステムで発行されたCookieをinternet上のサイトで読みこむことも可能です。