地図の加工をしましょう

■公開した[始めての音声ガイド]の地図を加工します。

音声再生をGPSと連動で行う場合、小さな対象物の場合は、緯度経度が1点でも問題ありません。

ただし、広大な公園などで出入り口が複数あるような場合、その公園に近づいたときに音声を再生したいと思っていても1点の緯度経度だけでは、不可能な場合も有ります。

ここでは、台形の範囲で緯度経度を複数設定します。

audioguide_map1
[初めての音声ガイド]の編集画面を開いてください。

左のように表示されていますか?

赤いマーカーを右クリックしながら移動すると、下に[青い0]のマーカーが隠れています。

まず作業がしやすいように、[倍率]を16に設定します。

同時に、大きな対象物を設定するために、[タイプ]の[範囲]のラジオボタンをチェックします。

有効にするために[保存]をクリックします。


audioguide_map2

audioguide_map3

[初めての音声ガイド]を作ったときは、八重洲口というところをマークしました。

今回は、東京駅を表記する位置として、[0]の位置を、東京駅の真ん中に移動してみます。

赤いマーカーを右クリックしながら駅の敷地の真ん中に移動します。

[設定]のチェックボックスをチェックします。

このときに、現在の選択が[0:********]になっていることを覚えていてください。

有効にするために[保存]をクリックします。


audioguide_map4

audioguide_map5

[0]の位置が、東京駅の真ん中に移動します。

次に東京駅を四角の枠で囲みます。

右上に赤いマーカーを移動させます。

現在選択のプルダウンで[1:新規]を選択します。

[設定]のチックボックスをチェックします。

有効にするために[保存]をクリックします。


audioguide_map6

audioguide_map7

[1]の位置が、東京駅の右上に設定されます。

赤いマーカーは2つ以上の位置が設定されている場合は、全ての位置から計算した中間に表示されます。

左上に赤いマーカーを移動させます。

現在選択のプルダウンで[2:新規]を選択します。

[設定]のチックボックスをチェックします。

有効にするために[保存]をクリックします。


audioguide_map8

audioguide_map9

[2]の位置が、東京駅の右上に設定されます。

3つ目の位置から赤線が書き出されます。

左下に赤いマーカーを移動させます。

現在選択のプルダウンで[3:新規]を選択します。

[設定]のチックボックスをチェックします。

有効にするために[保存]をクリックします。


audioguide_map10

audioguide_map11

[3]の位置が、東京駅の左下に設定されます。

[0]から数えて4つ目の位置から赤枠が書き出されます。

右下に赤いマーカーを移動させます。

現在選択のプルダウンで[4:新規]を選択します。

[設定]のチックボックスをチェックします。

有効にするために[保存]をクリックします。


audioguide_map12
[4]の位置が、東京駅の右下に設定されます。

これで、東京駅という広域を設定できました。

GPSで計測した場合、この多角形の複数の辺との距離が計算されて、それらの中で一番近い距離が採用されます。

次に、ここで表記され地図をプレビューで確認しましょう。

[コンテンツ作成]に戻って、左の赤枠下の[実寸プレビュー]をクリックします。

なお、削除や挿入は、それぞれ[現在選択]を設定して、チェックボックスをチェックして[保存]することで処理が行われます。


audioguide_map14
[目的地の地図]をクリックします。

audioguide_map15
台形で囲まれた部分が赤く薄く塗られて表示されます。

倍率を補正したい場合は、編集機能での倍率を変更します。


audioguide_map20
アニメーションマップを理解しましょう!

[コンテンツ作成に戻ります]
右の赤枠の[メニュー]の2番目のマップアニメの編集機能を選択します。


audioguide_map21
アニメーションマップの設定方法も他の地図と同じです。

緑色のサークルが、緯度経度の設定順位で移動しますので、予め設定したコースに沿って、音声ガイドを聴いてもらう様な場合に便利です。

ここで、同じアニメーションマップの位置をコピーして使用している
[メニュー]
[Start AudioGude]
[多国語の音声]

[実寸サイズプレビュー]
をクリックして表示してください。


audioguide_map22

audioguide_map23

同じ階層にavgpsレコードが存在する場合は、それらの[0]の位置にヘッドフォンマークを設定しています。

ヘッドフォンマークをクリックすると、タイトルのリンクの吹き出しが表示されます。

それをクリックすると、その音声ガイドを再生できます。


audioguide_map13

audioguide_map25

実寸プレビューで表示されている、[多国語の音声]画面の[音声ガイドGPSで]をクリックしてみます。

実記の場合、画面上位の
[自動再生をする場合は、ここをタッチ]
の表示がされます。

iPhone、Androidともスマホの場合、ブラウザの規制で自動再生は禁止されているために、手動のタッチが一回だけ必要です。

次にGPS使用許可のポップアップが表示される場合があります。

使用が許可されると、GPSサーチが開始されます。

GPSのデータが検出できると、音声ガイド緯度経度との距離計算が実施されて、近隣の位置から表示されます。

さらに、指定の近似以内であれば、音声の自動再生が行われます。

自動再生が終了すると、次の候補の位置が、再生可能の場合に音声再生されます。

一度再生された位置を、再度再生する場合は、音声の名前をタッチします。